夜勤明けは特に注意が必要

 夜勤のある看護師の仕事には車は必需品だ。3交代の勤務だと夜中に仕事に行く事になるが、電車やバスなどの交通機関は終電を過ぎている事も少なくない。看護師は女性が多いため夜間に徒歩や自転車はかなり危険であり、タクシーは経済的な負担が多い。そのため夜勤の時だけ車通勤をする人もいるのだが、これには注意が必要である。

 夜勤の出勤時はまだいい方で、夜中は歩いている人がほとんどおらず車の数もまばらで朝の通勤時間に比べてとても運転しやすく、時間もかなり短縮できる。問題は、夜勤が終わった後である。定時に仕事が終われば9時台に帰れる日もあるが、急患や急変がある時は正午近くになる時がある。3交代であれば仮眠を取らずに仕事をする職場が少なくないが、眠る事なく正午近くまで仕事をした後、昼間に運転して帰るのはかなりの忍耐が必要になる。忍耐、そう眠気である。

 緊張する仕事がやっと終わり安堵して帰路に着くまでに、今度は眠気との闘いが待っているのだ。バスや電車ならうたた寝をしながら帰る事もできるが、車を運転していれば眠る事はできない。眠い目を擦りながら、眠気覚ましのガムやコーヒーを飲み、ほっぺたをつねる事もあるだろう。

 どうしても限界を感じた時は、安全に駐車できるスペースに車を停めて数分仮眠を取るだけでだいぶ目が覚める。夜勤明けの車通勤は眠気と疲労で注意力も散漫になるため、無理はせず時に仮眠をとりながら安全運転で帰る事を心掛けたい。