注意したい職場までの距離

 車を所有していると、自宅から通勤できる勤務先の範囲が広がる。職場の選択肢が多くなり、看護師も理想的な病院などの勤務先が見つけられる可能性がアップする。しかし車通勤を行うのであれば、自宅と職場との距離について十分な検討が欠かせない。無理をして遠い勤務先を選んだ場合、車での通勤では支障があると考えられる。

 看護師の職場は激務が多く、心身への負担は大きい。また勤務時間が不規則な職場では、眠気を感じながら運転しなければならない事にもなる。さらに長距離を運転して車で通勤しなければならないとなると、ドライバーにとって大きな負担となり問題が生じる。例えば仕事の疲労からつい運転中に居眠りしてしまい、大事故につながる事も考えられる。いずれにしても無理な車通勤は長続きせず、大きな問題に発展する前に他の通勤手段を選んだ方がいい。

 看護師が車通勤の手段を選ぶのであれば、自宅と勤務先との距離が無理のない範囲であるかどうかを確認する必要がある。欲張って長距離通勤を選ぶのはリスクが高く、できれば30分から1時間の範囲内で通勤できるかどうかを目安とするのが望ましい。

 さらに車での通勤を選んだものの、仕事が激務で運転を負担に感じるのであれば、躊躇せず電車など他の通勤手段を選んだ方が上手くいく。通勤のためには、必ずしも車を使わなければならないというわけではない。一番負担が少ない通勤手段を優先的に選ぶ意識こそがなにより大事である。