運転の際に気を付けるべき事

交通事故の原因としてよく挙げられるのが、運転中の居眠りである。ドライバーが運転に集中できていない状態であると、大きな事故につながりやすい。そのためドライバーは、自分の健康管理に十分に気を使い、眠気を感じる場合には運転を控えた方が望ましい。

車通勤を行っている看護師もまた、運転中の居眠りは必ず避けなければならない。しかし車での通勤が習慣になっていると、多少の眠気は我慢して運転を始めるケースは実際によくある。そのような油断が運転中の事故を招きやすい。医療サービスの提供に関わる看護師にとって、交通事故が引き起こす深刻な事態は身近なものである。看護師自身がそのような交通事故を引き起こしたり、あるいは巻き込まれないよう心掛けが欠かせない。そこで車通勤中に居眠りで事故を起こさないよう、車通勤を行う本人自身による自己管理がまずは大切である。

さらに職場全体での安全運転への意識向上も役に立つ。上司は部下の状態をチェックし、もし車での通勤に適さないと判断するなら引き留める事も時として必要となる。車の運転が難しい場合でも、鉄道やバスなど他の通勤手段を選ぶ事は可能である。また職場の仮眠室を提供し、運転に適した体調を整えるため仮眠を促すのも方法の1つとして挙げられる。多少はおせっかいに感じたとしてもこのようなちょっとした気配りがあれば、通勤中の運転で大きな事故を起こして一生を台無しにする事態を避ける事はできる。

また車を使用するのは通勤の時だけではない。車を所持していれば、プライベートでドライブに行くこともあるだろう。自己管理がしっかりとできている状態であれば、車はオンオフ問わずとても便利なものである。ドライブから通勤までの情報が載ったサイトを見れば、上記などの理由によって車から離れていた人も再度車のよさを確認できるかもしれない。